いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2020/08/10更新

焙じ茶のかき氷 at 櫻井焙茶研究所

久しぶりに足を運んだ櫻井焙茶研究所

櫻井焙茶研究所看板

目的は夏季限定メニュー、焙じ茶のかき氷を食すこと。

テーブルの上の水 櫻井焙茶研究所 ディスプレイ 櫻井焙茶研究所の釜

席に通され、相変わらずのフォトジェニックな店内に心地良さを感じます。

深蒸し&玉露ブレンド 水だし煎茶

まず、玉露と深蒸し煎茶をブレンドした茶葉を8時間水出しした冷茶が、サーブされます。グラスに注がれた冷茶の色、香り、程よい甘みとうま味に、いぶりがっこと高菜の漬物がマッチしています。

焙じ茶かき氷 櫻井焙茶研究所

続いてメインの焙じ茶のかき氷が運ばれてきます。自家焙煎の焙じ茶、ふじかおりを使い、玄米をトッピングしたかき氷です。舌の上で溶ける氷と玄米の歯ごたえの対比が面白いです。半分食べてから、赤紫蘇のシロップをかけ、2パターンの味を楽しみます。シロップは山椒と赤紫蘇から選べます。

碾茶茎焙じ茶リーフ 急須に1煎めの湯を注ぐ

締めは碾茶の茎焙じ茶。(左の写真)釜から柄杓で湯を掬い、急須に注ぎます。

碾茶茎焙じ茶1煎めを注ぐ 碾茶茎ほうじ茶 1煎め

目の前で急須から湯のみに注いでもらいます。右の写真は甘い香りがする1煎めです。

釜に湯を足す 碾茶の茎焙じ茶 2煎め

途中、釜に湯を足す場面も見られました。右の写真は2煎めです。冷たいものを飲んだり食べたりした後、暖かいお茶で〆るバランスは、量もメニューも、身体と心に気持ちの良い加減です。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新

2020/07/13更新

藤井茗緑

渋谷東急プラザ6Fの藤井茗緑で、茶懐石膳を頂いて来ました。

茶懐石膳

一汁三菜で香の物、抹茶塩が付いています。京都のおばんざいは12種類の中から3つ選べます。

ほうじ茶で炊いた炙り焼豚

ほうじ茶で炊いた麦富士豚の炙り焼豚、

煎茶の香りをまとった鱒の香り焼き

煎茶の香りをまとった鱒の香り焼き、

宇治抹茶の手作り胡麻豆腐

宇治抹茶の手作り胡麻豆腐をオーダーしました。

抹茶塩

香の物と抹茶塩です。

茶葉入りごはん

宇治の煎茶で炊き上げた、煎茶が混ざった茶飯。

赤出汁

赤出汁は、プラス300円で小さい茶うどんに変えられます。

かりがね

ランチドリンクはかりがね。ティーバッグですが、おいしい茎茶です。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新

2020/03/16更新

Saten

JR西荻窪駅から4分歩くと、日本茶専門店Satenがあります。

Saten  看板 Saten 店舗

2018年春、井の頭公園近くにあったUNI STANDが生まれ変わりました。

Saten 店内

カウンターに並ぶ茶筅、急須、抹茶茶碗。

急須スタンド Saten 店内2

急須スタンド、コーヒーポット、etc。

和三盆抹茶ラテ2

この日は季節限定の和三盆抹茶ラテをオーダー。最初に上のミルクの泡を掬い、その後かき混ぜて頂きました。甘すぎず、心がホッとするラテです。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新
これよりも前の投稿を表示 »