いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2019/07/22更新

華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化

松濤美術館で開催されている、「華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化」。

華めく洋食器

「良きが上にも良きものを」を理念に、日本人による日本人のための洋食器を生み出してきた大倉陶園は、文明開化の時代に、「セーブルのブルー、オオクラのホワイト」と海外からも評価される磁器を作り出しました。

奈良ホテル 来賓用特別食器揃い

美術館地下1階には、歴史あるホテルが所有している食器が展示されています。また、食卓での話題を提供する動物の陶彫などもありました。戦争中は食器以外の製品製造もしていたようですが、当時貴重な銀を使って制作した、ティーポットやカップも見られました。時代の影響を受けた兵士の彫陶もありました。

天文十二月プレート

岡染め、瑠璃、エンボス、手描き、漆蒔などのオリジナル技法を施したテーブルウェアは、宮内庁御用達です。美術館2階には、皇室ゆかりの食器が展示されています。

富士屋ホテル 蒔絵高山植物絵昔食器揃い

7月28日まで開催中です。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新

2019/02/25更新

花々祭

新宿伊勢丹で開催中の花々祭。

ロールセリニャック ミモザ全景 春のアフタヌーンティー

本館5階で3月5日(火)まで展示している、食空間プロデューサー長谷川貴子先生のコーディネート「春のアフタヌーンティー」を拝見させて頂きました。

ミモザ アップ1

イエローカラーは元気が出ます。上はロール・セリニャックのパラディーンシリーズのイエロー。カップ&ソーサーとプレート。

ミモザアップ4

こちらはロール・セリニャックの新作ミモザシリーズのプレート、ロカイユディッシュ、コーヒーカップ&ソーサー。ミモザのパターンで作ってもらったそうです。ゴブレットはポルトガルのヴィスタ・アングレです。

ミモザクロス ミモザ生花

テーブルクロスはAXlinennのミモザ。ロール・セリニャックのミモザシリーズに合わせてこちらも作ってもらったそうです。テーブルフラワーはもちろんミモザです。

Baloons シャンデリア ミモザテイーポット&トレイ

シャンデリアはガラス作家イイノナホさんの「Baloons」。右はミモザシリーズのスクエアティーポット、クリーマー、オーバルプレート、スクエアープレート。心が軽くなるようなシャンデリアとテーブルウェアです。

ロールセリニャック ミモザ 右から

会場で偶然、長谷川先生にお会いできました。お元気そうな様子で嬉しかったです。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新

2019/02/11更新

テーブルウェア・フェスティバル2019

波佐見焼丹心窯の長崎様から招待券を頂いて、今日11日まで東京ドームで開催しているテーブルウェア・フェスティバル2019に行ってきました。

丹心窯コーディネート

丹心窯の水晶青海波に一目惚れしてからのご縁で、東京ドームに出展される時は寄らせて頂いてています。上は丹心窯のコーディネート。ホワイト一色もスッキリして素敵です。

小倉優子2019

今年の著名人のコーディネートは、小倉優子さん「家族で過ごす穏やかな休日」。

石坂浩二2019

石坂浩二さん「幼き日の夢を追って」。

TETSUYA2019

L’Arc~en~CielのTETSUYAさん「宇宙」。

川崎景太2019

川崎景太さん「思い出を語り合う」。

東儀秀樹2019

東儀秀樹さん「息子とギターで遊ぶ」。

黒柳徹子2019 黒柳徹子2019−2

黒柳徹子2019−3 黒柳徹子2019−4

黒柳徹子さん&田川啓二さん「白露」。

川井郁子2019

川井郁子さん「軽やかな食卓」。

出展ブースやコンテストから毎年新しい気づきが得られます。そして、フェスティバルでしか手に入らないテーブルウェアを探すことも楽しいです。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新
これよりも前の投稿を表示 »