いつもお茶の時間!

ブログ

2019/10/14更新

河越茶 鈴木園

埼玉県の川越は戦国時代まで河越と言われており、江戸時代から川越になりました。その言われは、川を越えた場所にあるから、土地が肥えているから、など諸説あるようです。狭山茶の茶処、川越市上戸にある河越茶の鈴木園を視察させて頂きました。

河越茶 鈴木園 母屋

100mほど離れた所に、源義経の正室、郷御前の実家、河越家の館跡があります。館の大手門だった可能性が高い、鈴木園の土地。立派な長屋門のお屋敷です。

彩の国 景観賞2009 長屋門 門番の部屋

明治時代からの茶畑と明治20年に作られた長屋門は、2009年に彩の国景観賞を受賞しています。右は長屋門の部屋の入り口。

長屋門の中4 長屋門の中3 長屋門の中 茶摘み用籠

かつては門番が居住していた長屋門の部屋。今はアンティークの農耕器具が保管されています。右は茶摘み用の籠。

長屋門の中8 長屋門の中9 長屋門の中の茶臼

左は振るい。真ん中は箕。右は茶臼。

明治の頃は米、養蚕、お茶を生業にしていましたが、昭和初期からはお茶専門になったそうです。

水車 鈴木園 長屋門 コヤタの瓦

左は部屋の入り口にある水車。右は屋根にある明治期の小谷田の瓦です。

鈴木園 茶畑 やぶきた 鈴木園 茶工場 屋根

ヤブキタの茶畑の左奥に、茶工場が見えます。中に入らせて頂くと、敷地内の木を切り出して作った、時代を感じる屋根が目に飛び込んできました。曲がっている木材は松だそうです。

生葉管理装置 鈴木園 地下に生葉コンテナあり 火入れ機 鈴木園

左は生葉コンテナ。真ん中はコンテナ側の床。床下には生葉を保管するスペースがあります。右は火入れ機。

鈴木園 茶工場3

茶箱が積まれている茶工場。現在は一番茶のみ製造しています。

栂尾からの在来 栂尾からの在来花アップ

茶畑には、京都栂尾から来た在来種の茶樹もありました。

鈴木園 河越茶 霞ヶ関

鈴木家16代目、茶農家は3代目だそうですが、河越茶(抹茶)を作っていた中世は、鈴木園の周辺に茶畑があったそうです。

令和となった今も尚、中世と明治の世を身近に感じる鈴木園でした。

※台風19号の被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新
»コメントをどうぞ!(0件)

2019/10/07更新

聖一国師の墓所

聖一国師(しょういちこくし)をご存知ですか。

聖一国師の墓所看板

1202年、静岡に生まれ、宋へ渡った臨済宗の僧です。1240年に茶の種子を持ち帰り、足久保(静岡県駿河区)などに撒いたとされています。足久保は静岡の代表的なお茶、本山茶の産地です。その功績を讃え、茶祖と言われています。

回春院 聖一国師の石像

静岡市葵区蕨野にある回春院は、正一国師が母親の実家の近くに開いた寺です。そして正一国師の墓地があります。

聖一国師の墓全景 聖一国師の墓

松の木の下にある墓所。写真だとわかりにくいですが、暮石の下の方に、正一国師の文字が読めます。

墓所からの眺め

墓所からの風景。山や茶畑を見守りながら、正一国師が眠っています。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新
»コメントをどうぞ!(0件)

2019/09/30更新

梅ケ島隠れ里の旅、2

斉藤雅子さん宅からの眺め

ラペソー製造実験の作業をさせて頂いている、斎藤雅子さん宅のテラスからの眺めです。

オリジナル9月1日漬け 塩漬け9月1日 塩を混ぜているところ9月1日

1日開けて、揉捻した茶葉を詰める作業に移ります。左はオリジナル用の茶葉と竹筒と槌のセット。真ん中は塩10%添加用のセット。右は塩を茶葉に混ぜているところです。

竹筒に詰めているところ9月1日 詰めた茶の上にシダを敷く9月1日 シダの上に柿の葉を敷く9月1日

オリジナルと塩添加茶葉の詰め方は同じです。竹筒に茶葉を詰め、槌で突きながら押し込み(左の写真)、シダ(真ん中の写真)、柿の葉(右の写真)の順に上に乗せます。

筒に砂を詰める9月1日 砂の上に蒸したお湯を注ぐ9月1日 オリジナルと塩の竹筒9月1日

その上に砂の入ったビニール袋を乗せ(左の写真)、蒸した時の汁を注ぎ(真ん中の写真)、粘着ラップで蓋をします(右の写真)。

団子状に包んだ茶葉9月1日 団子状の茶葉に湧き水を出した桶9月1日

もう一つの水足しスタイルは、前回の方法だと水気の多い香味になったので、その反省からやり方を改良しました。茶葉を団子状にしてラップで包み(左の写真)、桶に入れて水を注ぎます(右の写真)。

竹筒は室内に常温で保存 ドライフードと3種の茶葉 ドライフード

異なる3タイプ(オリジナル、塩添加、水足し)の製造方法のラペソーを、室内の風通しの良い場所で保管します(左の写真)。開封は1年後の予定です。真ん中の写真は試食した3種類の茶葉とミャンマーのドライフードです。ミャンマーのドライフード(右の写真)には、ガーリック、そら豆、ピーナッツが入っています。干し海老やインドのマドラスミックスなども一緒に試食しましたが、このドライフードが一番合うと思いました。

1年後が楽しみです。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新
»コメントをどうぞ!(0件)
これよりも前の投稿を表示 »