いつもお茶の時間!

ブログ

2018/11/12更新

烏龍茶製造実習

10月の終わりに、丸子紅茶の生産家、村松二六さんを訪ね、烏龍茶製造実習をさせて頂きました。

丸子紅茶の水車

「べにふじ」を摘んで下さっていたので、日干萎凋からスタートしました。

べにふじアップ

カレンの上の茶葉を影にしないよう気をつけながら、古い葉や茶花などを取り除きます。1時間ほどしたら、茶葉全体を動かします。

日干萎凋

それから45分後、室内萎凋に移行します。

室内萎凋 室内萎凋中の葉

そして揺青(ようせい・お茶の葉を撹拌する)と静置(せいち・お茶の葉を寝かせる)を5回繰り返します。回を重ねるごとに攪拌させる回数は増えます。この時の室温は27度、湿度50%。

揺青中2 27度50%

揺青と静置が終わると、200〜210度で茶葉を殺青(さっせい・加熱して発酵を止める)します。

釜炒り機に投入 釜炒り中 釜炒り機から茶葉を出す

左から茶葉を機械に投入、真ん中殺青中、右は殺青後の茶葉をヌンカンに出しています。

釜炒り後の茶葉 包揉

ヌンカンの上の茶葉を包揉(白い布で包む)し、15分置きます。その後、白い布から茶葉を出し揉捻します。

揉捻後の茶葉 玉解き

揉捻機で6〜7分揉捻した後、手作業で玉解きし、

乾燥機で乾燥中 烏龍茶用の乾燥機へ

水乾機に30分入れた後、烏龍茶用の乾燥機に移します。

烏龍茶の乾燥機 乾燥機から取り出した烏龍茶のリーフ

73度で6時間乾燥させ、右は乾燥機から取り出した烏龍茶。

出来上がった烏龍茶 できたての紅富士の烏龍茶

できたてのべにふじ烏龍茶のアップ。早速飲ませて頂きました。自分で作った烏龍茶なので、より美味しく感じました。二六さん、時枝さん、ありがとうございました。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新
»コメントをどうぞ!(0件)

2018/11/05更新

第17回全国地紅茶サミットinえひめ part.2

専門家の講演会も、サミットの目玉です。

磯渕氏の講演

紅茶研究家、磯淵猛氏の講演。愛媛出身の磯淵先生は、お話がいつも楽しくて、インストラクションの勉強になります。

武田先生の飲み比べ講座27日

日本茶業学会会長、武田善行先生の講演。紅茶とは何か、国産紅茶の輸出入について、学ばせて頂きました。

世話人藤原さん

全国地紅茶サミット、世話人会主催の活動報告会。日本の各地で生産家が頑張っています。

武田先生 28日

武田先生の講演は、2日目も拝聴させて頂きました。紅茶や烏龍茶の試飲もさせて頂きました。

熊倉先生 講演

MIHO MUSEUM館長、熊倉功夫氏の講演。上品な語り口の中にユーモアセンスも溢れ、その内容に引き込まれました。

四国のお茶巡り 四国のお茶巡り案内

日本茶インストラクター四国支部のイベント、四国のお茶巡り(飲み比べ)も参加しました。

四国のお茶リーフ 四国のお茶飲み比べ すだちをプラス

四国4県の紅茶を試飲し、さらにすだちを加えて試飲しました。お茶仲間が頑張っている姿を見るのは、嬉しいです。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新
»コメントをどうぞ!(0件)

2018/10/29更新

第17回全国地紅茶サミットinえひめ part.1 

10月27日、28日の2日間、愛媛県松山市大街道(おおかいどう)で開催された第17回全国地紅茶サミットinえひめ。

大街道アーケード

専用カップを購入すれば、出展している35のブースのお茶を好きなだけ飲めます。

砥部焼のカップ

今年の専用カップ砥部焼。5色(赤、青、黄、緑、みかん)から選べます。私は赤を選びました。

地紅茶サミット in えひめ 会場 地紅茶サミットinえひめの様子

試飲会場である大街道のアーケード。賑わっています。愛媛はもちろんですが、九州のブースが多かったです。

真生流 会場の生花

アーケードの両サイドには、真生流の生け花が飾られています。

アーケード内のキルト 三越1階ステージ

アーケードにはキルトも展示されていました。右は講演会場となる愛媛三越の1階ステージ。バックパネルもキルトです。

地紅茶サミット投げ句 俳句1 俳句2

水屋を囲むボードには、お茶にちなんだ投句が掲示されていました。細かいところまでこだわりを感じます。part.2に続きます。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 PM 更新
»コメントをどうぞ!(0件)
これよりも前の投稿を表示 »