いつもお茶の時間!

ブログ

2020/03/09更新

The Tea Maid

ハプスブルク家が治めていたハンガリー王国。その首都ブダペストにあるブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション130点が展示されているブダペスト展で、お茶に関わる絵を見つけました。タイトルは『The Tea Maid』。アーティストはイタリアのFelice Schiavoni(フェリーチェ・スキアヴォーニ)。19世紀中頃の作品です。

Teamaid

画像はHungarian National Galleryからお借りしました。

エプロンで持ち手を掴み、熱湯をティーポットに注いでいます。主人の姿はありません。

国立新美術館にて、3月29日まで。

*3月15日まで休館中の為、3月16日以降の開館状況は、国立新美術館にお問い合わせください。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新
»コメントをどうぞ!(0件)

2020/03/02更新

林屋新兵衛日比谷店

気になるお茶スイーツメニューのある、林屋新兵衛日比谷店へ。

古都の庭園パフェアップ

お目当は、抹茶、抹茶ゼリー、抹茶アイス、すだちシャーベット、マスカルポーネクリーム、クランブル、黒豆甘露煮、苺フレークの詰まった、見た目も美しい古都の庭園パフェです。甘さ控えめでした。

古都の庭園パフェセット

煎茶、右近の桜とのセットをオーダーしました。

煎茶 右近の桜

1煎目はお店の人が淹れてくれます。2煎め3煎目はセルフです。写真はうま味のバランスが良い1煎目。

右近の桜 茶殻

茶殻もきれいで、酢醤油をかけて食べたくなります。場所柄お値段は高めですが、営業時間が長いので、利用しやすい日本茶カフェです。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新
»コメントをどうぞ!(0件)

2020/02/24更新

CONTENART

ロンエフェルトの紅茶専門店、CONTENART

コンテナート PR

名前の通りコンテナが積まれたような空間で、JR代々木駅から徒歩2分、小田急線南新宿駅から徒歩5分の場所にあります。

コンテナート1 コンテナート2

店内には紅茶を選びやすくするチャートがディスプレイされています。

スリーピングポット ロンネフェルトのティーバッグ

ロンネフェルトのシンボルと言えば、スリーピングポット(左)とポットの持ち手にタグを引っ掛けられる、ポット仕様のティーバッグ(右)。オリジナリティが溢れています。

バオバブの実

店内にはバオバブの実もありました。

バオバブセット2

オーダーしたのは、バオバブの実が練りこんである、バオバブ・チーズケーキとダージリンのセット。栄養たっぷりのバオバブのチーズケーキは、さっぱりした食感です。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新
»コメントをどうぞ!(0件)
« これよりも新しい投稿を表示これよりも前の投稿を表示 »