いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2018/07/30更新

屋久島・八万寿茶園を訪ねて

ロケット発射を翌日(台風接近で翌々日に変更)に控えた種子島から、

高速船のりばの種子島の看板 ロケット打ち上げのお知らせ

高速船で屋久島へ渡り、

高速船

空港近くに店舗と工場を構える八万寿茶園に伺いました。製造から小売りまで営むお茶屋さんです。そして和紅茶のイベントを一緒に開催させて頂いた、お茶仲間です。

八万寿茶園看板2 八万寿園

有機栽培で育てる7品種(くりたわせ、ゆたかみどり、かなやみどり、さえみどり、めいりょく、あさつゆ、やぶきた)の茶畑の広さは6ヘクタール。1番茶から4番茶まで採れ、3月末から茶摘みが始まります。

やぶきたの茶畑 八万寿園 あさつゆの茶畑 八万寿園

草取りに力を入れていて、草取りも害虫も人力で駆除するそうです。その成果がどの畑にも現れていて、きれいな畑でした。

かなやみどり?八万寿園 かなやみどり?のアップ八万寿園

杉林を開拓して約30年経つ畑は、改植しておらず、防霜ファンはなくスプリンクラーがあります。

八万寿の茶畑のスプリンクラー スプリンクラー2

2番茶以降は紅茶を製造したり、ドリンクの材料として、静岡を経て台湾に輸出されるそうです。台湾では農薬の規制が厳しく、有機のお茶は大切な存在だそうです。HPにも表記されていますが、八万寿茶園は有機JAS、アジアGAPを取得しています。

かみなりが落ちた杉の木 クワズイモ 八万寿茶園の茶畑そば 八万寿の茶畑のそばのみつば

周辺は自然が溢れています。左から雷が落ちた杉の木、真ん中はトトロがさしていた傘、クワズイモ、右は自生の三つ葉。

茶畑の後ろにそびえる愛子岳が見られなかったので、次回の宿題にしたいと思います。八万寿茶園のみなさま、雨の中でのガイド、ありがとうございました。

カテゴリー: ブログ — タグ: , , 12:00 AM 更新

トラックバック URL

コメントをどうぞ