いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2019/04/15更新

四国の旅 徳島編

四国の旅の締めくくりは、2017年の夏に訪れた上勝町へ。

上勝町のご案内

神田茶(じでんちゃ)の産地である旭地区に足を運びました。神田茶とは、阿波番茶の中で上勝町神田地域で作られるお茶のこと指します。地域ブランドです。右の写真は植えられた木でできたアサヒの文字。

神田茶の里 アサヒ

視察した畦畔茶園。手前は昨年摘み取らなかった茶樹。奥の方は摘み取った茶樹。

畦畔茶

その後いっきゅう茶屋で一息つき(左はいっきゅう茶屋の前の壁、右は茶屋で頂いた阿波番茶。)、

棚田百選 阿波番茶

日本棚田百選に選ばれている、樫原の棚田へ。

棚田 あさかげ亭

棚田が目前に広がる場所に、そば処 あさかげ亭があります。

あさかげ亭建物 あさかげ亭ピザ窯

あさかげ亭の主人、元木さん自らが作った、徳島の特産品である藍を塗った家とピザ窯。この家は色々な工夫があります。

元木さん

元木さんがどんな人物かというと、Iターンでこの地に住み、阿波番茶などを使った食品を開発しています。あさかげ亭で阿波番茶そばが食べられます。

阿波番茶そば 開発されたそばとそうめん

初めに商品開発したのが、阿波番茶そばだそうです。他にも阿波番茶そうめん、阿波番茶パイなどもあります。一番難しかったそばを最初に開発したことで、他の商品開発は楽だったと仰っていました。これからどんな品物が登場するのか、楽しみです。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新

トラックバック URL

コメントをどうぞ