いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2020/08/10更新

焙じ茶のかき氷 at 櫻井焙茶研究所

久しぶりに足を運んだ櫻井焙茶研究所

櫻井焙茶研究所看板

目的は夏季限定メニュー、焙じ茶のかき氷を食すこと。

テーブルの上の水 櫻井焙茶研究所 ディスプレイ 櫻井焙茶研究所の釜

席に通され、相変わらずのフォトジェニックな店内に心地良さを感じます。

深蒸し&玉露ブレンド 水だし煎茶

まず、玉露と深蒸し煎茶をブレンドした茶葉を8時間水出しした冷茶が、サーブされます。グラスに注がれた冷茶の色、香り、程よい甘みとうま味に、いぶりがっこと高菜の漬物がマッチしています。

焙じ茶かき氷 櫻井焙茶研究所

続いてメインの焙じ茶のかき氷が運ばれてきます。自家焙煎の焙じ茶、ふじかおりを使い、玄米をトッピングしたかき氷です。舌の上で溶ける氷と玄米の歯ごたえの対比が面白いです。半分食べてから、赤紫蘇のシロップをかけ、2パターンの味を楽しみます。シロップは山椒と赤紫蘇から選べます。

碾茶茎焙じ茶リーフ 急須に1煎めの湯を注ぐ

締めは碾茶の茎焙じ茶。(左の写真)釜から柄杓で湯を掬い、急須に注ぎます。

碾茶茎焙じ茶1煎めを注ぐ 碾茶茎ほうじ茶 1煎め

目の前で急須から湯のみに注いでもらいます。右の写真は甘い香りがする1煎めです。

釜に湯を足す 碾茶の茎焙じ茶 2煎め

途中、釜に湯を足す場面も見られました。右の写真は2煎めです。冷たいものを飲んだり食べたりした後、暖かいお茶で〆るバランスは、量もメニューも、身体と心に気持ちの良い加減です。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新

トラックバック URL

コメントをどうぞ