いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2018/11/12更新

烏龍茶製造実習

10月の終わりに、丸子紅茶の生産家、村松二六さんを訪ね、烏龍茶製造実習をさせて頂きました。

丸子紅茶の水車

「べにふじ」を摘んで下さっていたので、日干萎凋からスタートしました。

べにふじアップ

カレンの上の茶葉を影にしないよう気をつけながら、古い葉や茶花などを取り除きます。1時間ほどしたら、茶葉全体を動かします。

日干萎凋

それから45分後、室内萎凋に移行します。

室内萎凋 室内萎凋中の葉

そして揺青(ようせい・お茶の葉を撹拌する)と静置(せいち・お茶の葉を寝かせる)を5回繰り返します。回を重ねるごとに攪拌させる回数は増えます。この時の室温は27度、湿度50%。

揺青中2 27度50%

揺青と静置が終わると、200〜210度で茶葉を殺青(さっせい・加熱して発酵を止める)します。

釜炒り機に投入 釜炒り中 釜炒り機から茶葉を出す

左から茶葉を機械に投入、真ん中殺青中、右は殺青後の茶葉をヌンカンに出しています。

釜炒り後の茶葉 包揉

ヌンカンの上の茶葉を包揉(白い布で包む)し、15分置きます。その後、白い布から茶葉を出し揉捻します。

揉捻後の茶葉 玉解き

揉捻機で6〜7分揉捻した後、手作業で玉解きし、

乾燥機で乾燥中 烏龍茶用の乾燥機へ

水乾機に30分入れた後、烏龍茶用の乾燥機に移します。

烏龍茶の乾燥機 乾燥機から取り出した烏龍茶のリーフ

73度で6時間乾燥させ、右は乾燥機から取り出した烏龍茶。

出来上がった烏龍茶 できたての紅富士の烏龍茶

できたてのべにふじ烏龍茶のアップ。早速飲ませて頂きました。自分で作った烏龍茶なので、より美味しく感じました。二六さん、時枝さん、ありがとうございました。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新

2018/08/27更新

ふじのくに茶の都ミュージアム

今年の春リニューアルされた、ふじのくに茶の都ミュージアム。吹き寄せ壁に囲まれています。

ふじのくに茶の都ミュージアム

周辺には牧ノ原の茶畑が広がります。

ミュージアムの前の茶畑 ミュージアムの前の茶畑のアップ

ミュージアムからは大井川も見えます。

ミュージアムからの景色

ミュージアムの庭園は、小堀遠州が作った仙洞御所の庭園を復元したもの。

ミュージアムの庭園2 ミュージアムの庭園

2階は撮影可能で、世界のお茶について展示されています。3階は茶の歴史や子供も楽しめるコーナーがありました。お茶の勉強をしている人には、楽しみながら学べる施設です。

世界のお茶のパネル

1階のカフェでは、ここでしか食べられないななやさんのパフェがオーダーできます。迷わず、世界一濃いと言われる抹茶ジェラードNo.7を選びました。

ななやのジェラード2

茶箱をイメージする最中の皮が良い感じで、美味しかったです。

カテゴリー: ブログ — タグ: , , , , , , , 12:00 AM 更新

2018/08/13更新

10年を振り返って

HPを開設して10年経ちました。

洋食器が好きで、コーヒーは飲めなかったけれど紅茶は飲めた私。そのどちらにも通じるものに関わりたいと思い、紅茶の勉強を始めたのがお茶の世界へのファーストコンタクト。同じ茶の木から紅茶も烏龍茶も緑茶も作られると知り、ますます茶の世界への興味が広がりました。

『資格を取得しただけではペーパードライバーと同じ。』

日本茶インストラクター仲間の言葉です。あくまで資格取得はスタート地点に過ぎません。自分が体験すること、実践することが大事です。

これからもお茶の良さを伝えるべく、「吃一堑、 长一智」を座右の銘に、一歩ずつ歩んで行きたいと思います。

くりたわせアップ 種子島

〜取得及び修了課程〜

日本紅茶協会認定ティーインストラクター 会員No.1664

ブルックボンドハウス認定ティーコーディネーター

NPO中国茶文化協会認定中国茶アドバイザーコース修了

NPO日本茶インストラクター協会認定日本茶インストラクター 認定番号10−2534

日本茶アドバイザー専任講師(茶業概要・インストラクション技術論)

日本茶インストラクターリーダー

NPO・JHS認定中級ハーブインストラクター

NPO食空間コーディネーター協会認定食空間コーディネーター2級

準卓育インストラクター

新宿高野フルーツスペシャル教室修了

カテゴリー: ブログ — タグ: , , , , 12:00 AM 更新
これよりも前の投稿を表示 »