いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2019/07/08更新

島根の有機茶を訪ねて

先月の島根の旅では、(有)宝箱の産業廃棄物を堆肥にする工場と有機栽培の茶畑も視察させて頂きました。

宝箱看板

廃棄された木材を回収して機械(左下の写真)で粉砕し、発酵させて堆肥(右下の写真)にしています。

オーストラリア製粉砕機 木材再利用ヤード

ミミズ、昆虫、微生物が生息しやすい環境を作り、土壌を改善し、自然の力で良質な作物を育てることを実践している会社です。

作業前のほば 作業中ほば 作業後ほば

上は、採算が合わず放棄された畑を再生させた記録写真です。畑に設置されていました。

サヤマカオリアップ

視察させて頂いた、さやまかおりの茶畑。

べにふうきの畑 宝箱

以前は柿畑だった、べにふうきの茶畑。木の向こうに中海が見えます。

湖が見えるやぶきたの畑

やぶきたの茶畑。木の向こうに宍道湖が見えます。標高は200m。昭和60年に作られた茶畑は、風があるので防霜ファンがありません。現在の広さは17ヘクタール。経済的には、45〜46ヘクタールは必要だそうです。

サヤマカオリの畑のラベンダー

畑の周りには、ハチミツを採るためのラベンダー(上の写真)やローズマリーが植えられていました。景観も大切にしていて、200本以上の桜を各圃場に植えたそうです。

宝箱の地下水 JAS適合証

圃場では地下水を利用していました。良質な軟水です。茶工場の壁には、JAS適合証が掲示されていました。

くろもじ記事 くろもじ番茶

煎茶、紅茶、玄米茶なども試飲させて頂きましたが、その中でも特に興味を引いたのが、右上のくろもじ番茶。クスノキ科の落葉低木樹で、花と葉と枝をお茶にしています。インフルエンザ対策に期待されているそうです。

カテゴリー: ブログ — タグ: , , , , , 12:00 AM 更新

2019/05/27更新

藤枝の大茶樹

行きたかったスポット、藤枝の大茶樹。樹齢300年以上、静岡県内で最も古いお茶の樹です。

藤枝大茶樹看板 藤枝の大茶樹説明

幸運なことに、連れて行って頂く機会に恵まれました。

藤枝大茶樹全景

そしてこの日は、偶然にも藤枝市茶手揉保存会の茶摘みイベントが行われていました。

藤枝の大茶樹を茶娘も茶摘み

高さ約4メートル、周囲約33メートルの大きな茶樹を、脚立に乗った茶娘や摘み人が、囲むようにしてお茶を摘んでいます。

大茶樹の中の足場 藤枝の大茶樹の中の枝

大茶樹は樹の中に入ることができ、中は常設の足場が組まれ、樹を支えています。

藤枝の大茶樹の挿し木の茶摘み2 藤枝大茶樹側の自然仕立て茶園

周りには、大茶樹から挿し木で増やした茶畑(上左の写真)があり、こちらも茶摘みをしていました。上右の写真は、背後に迫る自然仕立ての茶畑です。

大久保バス停

摘んだお茶の葉は地元のお年寄りに贈られる煎茶、「長寿の香り」になるそうです。

交通の便は、バスが1日4本あるようですが、マイカーでの移動を推奨します。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新

2019/05/06更新

フェルケール博物館 & ふじのくに 茶の都ミュージアム

かつて日本茶の輸出が盛んだった清水港の近くにあるフェルケール博物館

フェルケール博物館 博物館外 錨

レンガの壁が印象的で、エントランスにはいくつもの錨が飾られています。

フェルケール博物館 錨のオブジェ フェルケール博物館 外観

フェルケール博物館は、明治時代、日本茶を輸出するとき使用されたラベル「蘭字」が展示されています。

蘭字と茶箱2 フェルケール 蘭字

今見てもモダンなデザイン。当時の人のセンスの良さが光っています。

輸出用茶箱 輸出用茶箱6 輸出用茶箱 THE VERT

経年の為、絵や文字が薄れていますが、実際に使われていた茶箱も展示されています。

輸出用茶箱3 輸出用茶箱 FUJI 輸出用茶箱 IHW

同時期に、ふじのくに 茶の都ミュージアムでも、蘭字や茶箱の特別展が開催されていました。

茶の都ミュージアム 入口 新茶フェア看板

蘭字はフェルケール博物館で見たものもありました。

茶箱・パッケージから見るお茶の未来 ミュージアムでの蘭字

印刷面が4面ある茶箱(左)と蓋の裏にも絵が描かれた茶箱(右)。

茶箱BARミュージアム 茶箱FMV

ディスプレイ用に作られたと思われる茶箱(左)とウィリアム・モリスのインテリア茶箱(右)。

茶箱SYMNS ウィリアムモリスの茶箱

ミュージアムの特別展は7月7日まで会期中です。是非、足を運んでみて下さい。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新
これよりも前の投稿を表示 »