いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2020/09/14更新

THE UKIYO – E 2020 日本三大浮世絵コレクション

2020年は浮世絵イヤーとも言うべきか、東京都美術館でもTHE UKIYO – E 2020を開催しています。

UKIYO-E2020

国内の浮世絵コレクションが一挙に集められ、60名の絵師による450もの展示品が鑑賞できます。浮世絵から見るお茶とお菓子のある情景をご紹介します。

吉原の躰 遊興の図1

菱川師宣「よしはらの躰 遊興の図」。右下に湯飲みと土瓶を持つ女性達がいます。

芝居狂言浮絵根元

奥村政信「芝居狂言浮絵根元」。真ん中にやかんと湯飲みを手にした男性が立っています。

お七と吉三

奥村利信「お七と吉三」。左奥に茶臼があります。

花鳥太平記

西村重長「花鳥太平記」。真ん中の男性はやかんと湯飲みを持っています。

茶の湯と花

鳥居清広「茶の湯と花 初代山下又太郎 初代中村富十郎」。お茶を点てようとしているところです。

湯あがり

石川豊信「湯あがり」。半裸の女性に、少女が湯飲みを渡しています。

台子の夜雨

鈴木春信「台子の夜雨」。畳の上に茶托と湯飲みが置いてあります。右には釜があり、棚の上に棗と茶匙が乗っています。

本柳家お藤

鈴木春信「本柳屋お藤」。お藤の前に茶臼があります。

林家お筆

鈴木春信「林家お筆」。お筆がお茶を振る舞おうとしています。

浮絵歌舞伎芝居之図

歌川豊春「浮絵歌舞伎芝居之図」。右下にやかんを持つ男性がいます。

かぎやお仙

一筆斎文調「かぎやお仙」。水茶屋の看板娘お仙が、白い団子を乗せた盆を手にしています。

みなとや

一筆斎文調「みなとや」。右奥の釜の上のやかんの中身は、煮出したお茶でしょうか。

大川端楼上の月見1

鳥居清長「大川端楼上の月見」。黒い着物の女性の前に湯飲みが置かれています。

飛鳥山花見1 茶屋のお茶アップ1

勝川春潮「飛鳥山花見」。右の絵は、左の絵の左上にある茶屋の様子をアップにしたものです。縁台の端に湯飲みが乗っています。

茶湯

鳥文斎栄之「風俗略六芸 茶湯」。嗜みとして茶道に励んでいる武家の女性です。

新大橋下納涼舟

鳥文斎栄之「新大橋下納涼舟」。真ん中に湯飲みがあります。

青楼美人春手枕 鶴屋内橘

菊川英山「青楼美人春手枕 鶴屋内橘」。大きな火鉢の中と縁にやかんが置かれています。下には湯飲みがあります。

不忍池弁天

歌川国貞「紅毛油画名所尽 不忍池弁天」。左の女性は湯飲みを持っています。

中洲夏の月

歌川広重「東都月の三景 中洲夏の月」。屋根船の中から月を眺める女性の手に、湯飲みがみえます。

夏けしき花の縁日

歌川国芳「夏けしき花の縁日 百合」。左手に縁日で売られていた、菓子が握られています。

としよりのよふな若い人だ

歌川国芳「としよりのよふな若い人だ」。何人もの人で半身像を表現している騙し絵です。手にしているのは湯飲みです。

9月22日まで開催中。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新

2020/09/07更新

おいしい浮世絵展

行動自粛要請されている今年の夏に開催中の貴重な展覧会、おいしい浮世絵展へ。

おいしい浮世絵展

名立たる浮世絵師の食べ物に関わる作品が、200点以上展示されていました。

鞠子 名物茶屋

歌川広重「東海道五拾三次之内 鞠子 名物茶店」。とろろ汁が有名ですが、丸子紅茶の産地でもあります。

歌川国芳 森山 達磨大使

歌川国芳「木曽街道六十九次之内 守山 達磨大使」。二八蕎麦の名前は、禅宗の開祖、釈迦から数えて28代目の達磨大使とかけています。

二八蕎麦屋台

場内には記念撮影スポットもありました。江戸の屋台、二八蕎麦。

江戸の町2 江戸の町1

背後の壁面の絵は、歌川広重「東都名所 高輪廿六夜待遊興之圓」です。

江戸の町 茶のアップ1 江戸の町 茶のアップ2

その中にお茶らしき絵も見つけました。土瓶と湯飲みが棚に収まっています。

蛸の江戸煮

菓子や料理レシピも紹介されていて、煎茶を使用した蛸の江戸煮もありました。

歌川国芳 名酒揃 志ら玉

歌川国芳「名酒揃 志ら玉」。夏のお菓子白玉は、会場そばのカフェで食べることができます。

紅白白玉2

おいしい浮世絵展は森アーツセンターギャラリーにて、9月13日(日)まで。

カテゴリー: ブログ — タグ: , , 12:00 AM 更新

2020/06/22更新

使い終わったティーバッグを庭に埋めたら凄い事が起こった

面白い情報を見つけたので、ご紹介します。

庭作業が好きな人に朗報です。皆さんは紅茶やお茶を作った後にティーバッグを捨てていませんか?使用済みでも活用できる場はあります。そう皆さんの大好きな庭作業に利用できるのです!

ティーバッグを埋める

使い終わったティーバッグであなたの庭は進化します。

色々な種をたくさん育てるのって難しいですよね?どれだけ愛情を注いでも芽を出さない種があるのは皆さんも知ってのとおりでしょう。でも今回の記事では庭を植物でいっぱいにする簡単ですぐにできる方法を紹介します!そう、使い終わったティーバッグを土の中に埋める・・・それだけです。

栄養満点

使い終わったティーバッグを土に埋める事で得られる1番のメリットは種に栄養を与える事ができる点で小。お茶の葉はタンニンや自然の肥料になる栄養を多く含んでいるのです。ティーバッグ自体もバナナの一種であるアバカの茎の繊維から作られています。お茶は土の中で分解され、栄養を種に運んでくれるのです。

害虫対策

ティーバッグを土に埋めるもう一つのメリットは害虫を寄せ付けない効果がある点です。使い終わったティーバッグやコーヒ豆を害虫が嫌うって知ってましたか?もう大切な植物をエサにする害虫とはおさらばです。

分解のスピードアップ

堆肥の山にティーバッグを使うのも非常にスマートなアイデアです。お茶の中の酸が堆肥の分解プロセスをスピードアップさせるのです。それは堆肥を庭により早く使えるようにすることを意味します。あなた自身、そして庭をも幸せにしてしまうトリックです。

水の保持

地中の花や植物の茎の近くにティーバッグを埋めると、植物や花がより多くの水を地中で保持するのを助けます。そうすれば植物はより健康を保つ事ができます!

雑草

庭に生えてきたら嫌なもの、そう、雑草です。実はティーバッグは雑草の繁殖を抑える事ができるため、雑草にも効果的なのです。地中に使用済みのティーバッグを埋める事で、元気な植物や花の近くに雑草が生えるのを困難にさせます。

種の発芽

ティーバッグを使う事で種の発芽プロセスをより簡単にする事ができます。

必要なのはティーバッグ、種、プラスチック製のプランター、水のみです。通常のように種を発芽させますが、土の中にティーバッグを入れましょう。そうすればプロセスのスピードアップ間違いなしです!種が発芽したら、より大きなプランターに移動させるか、直接庭に移しましょう。

あなたの庭に近所の猫が現れるなんてことありませんか?ティーバッグや挽いたコーヒー豆は猫を寄せ付けないようにする事ができます。匂いで猫を遠ざける事ができます。挽いたコーヒー豆やお茶を庭の土の上に撒けば、猫が小便をしてしまうのを防ぎます。このトリックでは家の中の猫を植物から遠ざける事もできます。

お茶の葉を食べるミミズ

庭にいるミミズ、いい気分ではありませんよね。しかしそんなミミズも庭に良い影響を与える事もあるのです。ミミズはお茶の葉を食べます。なのでそのお茶の葉が消化されて土に帰れば、庭にさらなる栄養を与える事ができ、超栄養満点の庭を作る事ができるのです。

2017年6月 出典:Natural Ways

ティップアンドトリックより

カテゴリー: ブログ — タグ: , , 12:00 AM 更新
これよりも前の投稿を表示 »