いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2018/05/07更新

新宿御苑

明治政府は、東は四谷、西は代々木、南は千駄ヶ谷、北は大久保まで広がる、信州高遠藩主、内藤家の広大な邸宅とその周辺の土地を購入し、1872年に植物の研究を目的とした内藤新宿試験場としました。1906年には新宿御苑に姿を変え、現在は環境省が管理する国民公園になっています。

新宿御苑

苑内には、至る所に明治時代の紅茶製造の痕跡(茶樹)が残っています。

現在の農林水産省と経済産業省に当たる勧業寮から命を受け、作られた茶畑の跡地。

新宿御苑③茶畑跡地3

四谷伝習所(紅茶製所)跡地。

新宿御苑④伝習所跡地2

国産紅茶の祖、多田元吉が植えたと思われる茶樹もあります。

新宿御苑⑥在来の茶樹 100年以上

中央休憩所や翔天亭では、元吉縁の地の紅茶、丸子紅茶を飲む事が出来ます。

翔天亭丸子紅茶

明治時代、東京で紅茶が作られていた証しがここにあります。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新

2018/04/30更新

多田元吉を偲ぶ会2018

遅くなりましたがアップします。4月2日は国産紅茶の祖、多田元吉の命日。

丸子紅茶発祥の地

毎年丸子で行われている多田元吉を偲ぶ会。2018年は、前日の4月1日に起樹天満宮境内にて行われました。

多田元吉石碑

お天気にも恵まれ、風が少し強かったですが、屋外でも過ごしやすい陽気でした。

多田元吉のお墓

多田元吉のお墓に上る階段の途中には、日本紅茶原木が植えられています。

日本紅茶原木

まず、丸子紅茶の生産家、村松二六さんのご挨拶から始まり、

二六さん 2018,4,1

多田元吉翁に献花します。

多田元吉翁に献茶

献花台の後ろには風情のある卓袱台が。多田元吉が鹿児島に指導に行った時、お礼にもらった卓袱台だそうです。楠の木の1枚板をくりぬいて作ってあります。

多田元吉のちゃぶ台

その後、20種近くのお茶を飲ませて頂きました。下の写真は時枝さんが作って下さったミルクティー。

時枝さんの甘いミルクティー

二六さんの元でお茶作りの修行?をしている、Tさんの屋台もお目見え。

手塚さんのチャイの屋台

Tさんはこの屋台でチャイを作って下さった他、インド滞在記も話して下さいました。

茶葉を練り込んだ26クッキー

上の写真は茶葉を練り込んだ26クッキー。お菓子のメニューも盛りだくさんで、まさに口福。二六さん、時枝さん、Iさん、Tさん、萬千吉茶坊さん、ご一緒して下さった皆様、ありがとうございました。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新

2018/04/23更新

Tea plantation in Hinohara village of one day in April.

4月のある日、ひのはら紅茶の生産家、戸田雅子さんの茶畑を訪れました。

檜原村の茶畑4月12日

いつ来ても、変わらぬ急斜面と険しい山並み。私のオアシスです。

茶畑からの檜原村の景色

4月中旬で、1cmほどの新芽が出始めていました。

4月12日のひのはら紅茶の新芽2

今年の茶摘みは、例年より早くなりそうです。

ひのはら紅茶スタンダード

お茶の木が描かれたテイスティングカップで頂いた、昨年のひのはら紅茶。檜原村は、これからが茶摘みの本番です。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新
« これよりも新しい投稿を表示これよりも前の投稿を表示 »