いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2018/08/13更新

10年を振り返って

HPを開設して10年経ちました。

洋食器が好きで、コーヒーは飲めなかったけれど紅茶は飲めた私。そのどちらにも通じるものに関わりたいと思い、紅茶の勉強を始めたのがお茶の世界へのファーストコンタクト。同じ茶の木から紅茶も烏龍茶も緑茶も作られると知り、ますます茶の世界への興味が広がりました。

『資格を取得しただけではペーパードライバーと同じ。』

日本茶インストラクター仲間の言葉です。あくまで資格取得はスタート地点に過ぎません。自分が体験すること、実践することが大事です。

これからもお茶の良さを伝えるべく、「吃一堑、 长一智」を座右の銘に、一歩ずつ歩んで行きたいと思います。

くりたわせアップ 種子島

〜取得及び修了課程〜

日本紅茶協会認定ティーインストラクター 会員No.1664

ブルックボンドハウス認定ティーコーディネーター

NPO中国茶文化協会認定中国茶アドバイザーコース修了

NPO日本茶インストラクター協会認定日本茶インストラクター 認定番号10−2534

日本茶アドバイザー専任講師(茶業概要・インストラクション技術論)

日本茶インストラクターリーダー

NPO・JHS認定中級ハーブインストラクター

NPO食空間コーディネーター協会認定食空間コーディネーター2級

準卓育インストラクター

新宿高野フルーツスペシャル教室修了

カテゴリー: ブログ — タグ: , , , , 12:00 AM 更新

2018/01/08更新

悠悠茶論Ⅹ 〜お茶の図書室〜

10回目の悠悠茶論は、卓育の勉強をするにあたり、参考にした本をご紹介します。

食育卓育入門

根岸宏邦著「人間力を高める食育・卓育入門」。

卓育インストラクターのテキストとも言える1冊です。年代別の卓育についても説明しています。

卓育で家族団欒

日本家庭教育学会編「家庭フォーラム23 卓育で家族団欒」。

食空間研究家、1級建築士、臨床心理士、卓育インストラクターらが考える卓育について、述べられています。

食卓文明論

石毛直道著「食卓文明論」。

共食のルーツ、テーブルセッティングのルーツについて、わかりやすく解説されています。食空間の歴史を知るには外せない1冊です。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新

2017/12/04更新

東京都食育フェア2017

遅くなりましたがアップします。11月11日、12日の2日間、代々木公園で開催された第10回東京都食育フェア。

第10回東京都食育フェアゲート 第10回東京都食育フェア

今年も、11日だけ卓育ブースのスタッフとして参加させて頂きました。

NO.35テント プレート ぐりとぐらのテーブル2

今年のテーブルコーディネートのテーマは「ぐりとぐら」。

ぐりとぐらの鍋 ぐりとぐらアップ

ぐりとぐらがカステラを焼いたフライパンをデコレート。青と赤の帽子をかぶったぐりとぐらもいます。

ぐりとぐらのかご テント横の木

テーブルの下にはぐりとぐらのかごもあります。横には紙製の木。ワークショップに参加してくれた子供達の名前も貼ってあります。

ワークショップ カップケーキ ワークショップ スノーマン2

今年のワークショップは、メラミンフォームで作るカップケーキと紙皿4枚で作るスノーマン。特にスノーマンはお菓子が入れられるため、子供と一緒に参加された父兄の方に好評でした。

第10回食育フェア ステージイベント

11日はステージイベントもありました。一汁三菜のテーブルセッティングをレクチャーした後、子供達によるぐりとぐらの朗読と劇もありました。とんがり帽の衣装がわいいステージでした。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新
これよりも前の投稿を表示 »