いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2019/06/17更新

ぼてぼて茶

島根に行って来ました。

塩見茶屋

島根と言えば、ぼてぼて茶。ぼてぼて茶が体験できる塩見茶屋さんへ。

ぼてぼて茶

ぼてぼて茶は、塩をつけた専用の茶筅で番茶を泡立て、数種類の具を入れて頂く振り茶です。江戸時代に生まれた食文化で、一説によると、鷹狩り好きの不昧公(松江藩7代目藩主、松平治郷)が、鷹狩りで小腹が空いた時食べたとされています。現地の言葉で箸間(はしま)と言い、おやつの意味だそうです。

7種名前入 ぼてぼて

このお店の具は7種類です。季節によって異なります。野焼はかまぼこのような特産品です。

茶筅であわ立てているところ

上は、煮出した茶花入りの番茶を、塩をつけた茶筅で泡立てているところ。茶花がないと泡立ちません。泡立てる時の音から、ぼてぼて茶と名付けられたそうです。

ぼてぼて 

泡立ったら具を入れてなじませ、出来上がり。お碗を片手で回して豪快に飲み、底に残った具は黒文字で掻き出します。

ぼてぼて茶 一式

昔は茶の木が各家に植えられていて、その茶を摘んで番茶にし、家にある残り物を具にして食べていたそうです。番茶の作り方は、蒸熱(蒸す)→粗揉(温風で撹拌し水分を飛ばす)→揉捻(揉む)→中揉(再び揉み、葉を細かくする)→精揉(形を針状にし乾かす)→乾燥(乾燥させる)→焙煎(炒る)。黒豆が効いていて食べやすかったです。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新

2018/11/19更新

新宿御苑 秋

春に続き茶の花が咲く秋にも新宿御苑を訪れ、茶樹のルーツを探りました。

新宿御苑

この日は菊花壇展を開催中で、エントランスには素晴らしい菊が飾られていました。

入口の菊

春に廻った道を、再び歩きます。

茶花がたくさんの茶樹 サクラ園 秋

左は茶花がたくさん付いている茶樹。右は伝習所跡地のサクラ園。

元吉が植えたと思われる茶樹の幹 元吉が植えたと思われる茶樹の花

左は多田元吉が植えたと思われる茶樹の幹。右はその茶樹に咲く茶花。写真では分かりずらいですが、雌しべが出ていません。

御苑内の茶樹 御苑内の茶樹2 御苑内の茶樹3

苑内には色々なところに茶樹が植えられています。

御苑内の茶樹4 御苑内の茶樹5

付いている茶花を覗いて、雌しべの付き方を見ます。

雌しべが出ている茶花のアップ 雌しべが出ている茶花のアップ2

こちらは両方とも雌しべが突出しています。雌しべが突出しているのは、インド系アッサム種です。

ランチの後のべにほまれ

散策した後、丸子紅茶の生産家、村松二六さんが持って来て下さったべにほまれの紅茶を飲ませて頂きました。多田元吉所縁の地で、多田元吉所縁の紅茶を頂きました。山口聡先生、二六さん、時枝さん、今回もありがとうございました。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新

2018/09/17更新

岡倉天心記念公園

茶を学ぶ人が一度は手にする「茶の本」。

茶の本

その著者である岡倉天心の記念公園(岡倉天心宅跡)が、台東区谷中にあります。

岡倉天心記念公園 岡倉天心宅跡地看板

岡倉天心は1862年貿易商の息子に生まれ、外国人が出入りする環境で育ちました。8歳から英語を習い、東京大学入学後、教鞭をとっていたアーネスト・フェノロサの通訳もしていました。

岡倉天心記念公園全景

上は公園の様子です。天心は語学力だけではなく、日本文化や東洋の思想にも通じていました。9歳で母を亡くし、10歳で長延寺に預けられ、住職から中国の書物、南宗画、漢詩、琴、茶道などを習いました。その為、文化的教養も身に付けていました。

岡倉天心宅跡地石碑2 岡倉天心宅跡地石碑

こちらは公園内の石碑です。天心は文明開化の時代に日本の文化に誇りを持ち、日本美術を創り出すことや欧米に紹介することに力を注ぎました。

岡倉天心宅跡地六角堂 岡倉天心の像

東京芸術大学の初代校長としても有名な天心は、公園内の六角堂に黄金の坐像が据えられています。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新
これよりも前の投稿を表示 »