いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2021/01/18更新

お茶のまち 金沢(兼六園の茶樹)を訪ねて

江戸時代からの長い時を経て、藩主の庭から一般へと解放された兼六園

兼六園入口

日本三名園のひとつであり、神仙思想の庭園です。

兼六園の池 兼六園の池2

シンボルとも言える唐崎松(左)と霞ヶ池(右)。

兼六園の茶樹

園内を散策していると、一緒にいたお茶仲間が茶樹を見つけました。

兼六園茶樹3 兼六園茶樹4

どの茶樹もわりと最近植えられたようです。

兼六園の茶樹2

場所は入口看板の後方。他の所にも植えられている可能性があります。これを機に、新たなお茶のイベントが、兼六園から発信されそうです。

ブログには書ききれない充実した時間をコーディネートして下さった赤須さん、大変お世話になりました。素晴らしい茶旅になりました。ありがとうございました。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新

2020/11/23更新

皇居の茶畑

皇居東御苑。江戸城の本丸、二の丸、三の丸があった場所です。現在は庭園になっています。

皇居東御苑

遠くからでも一目瞭然。

皇居の茶畑

園内松の廊下跡の側に、茶畑があります。

皇居のチャノキアップ

観賞用の茶樹だそうです。

皇居の茶花

10月の終わりの写真なので、白い花が咲いています。

カテゴリー: ブログ — タグ: 12:00 AM 更新

2020/11/16更新

小石川植物園

東京大学大学院理学系研究科付属植物園。別名小石川植物園。

小石川植物園 看板

小石川植物園には、アッサムの茶樹があります。

アッサム種の木1 アッサムチャ

2メートルを超えるアッサムの木。高温多湿の土地では、10メートルを超える大木になります。

アッサムの葉 アッサムの葉2

近くで葉を見ると、確かに大きいです。

手とアッサムの葉 アッサムの花の蕾

自分の手と比べてみました。10月の終わりの様子なので、花はまだ開いておらず、蕾でした。

チャノキ 茶の木

園内を歩いていたら、チャノキも見つけました。在来種の小ぶりの茶樹です。花が咲いています。

トウチャプレート トウチャの木

トウチャ(唐茶)も見つけました。コーロ茶とも呼ばれています。烏龍茶や紅茶向きの品種です。禅宗寺院の前庭に植えられている茶の木は、このトウチャだそうです。花はまだ咲いていませんでした。

トウチャとチャノキの比較

トウチャ(左)とチャノキ(右)の比較。葉の大きさの違いがよくわかります。

カテゴリー: ブログ — タグ: , , , 12:00 AM 更新
これよりも前の投稿を表示 »