いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2020/11/30更新

燻製紅茶カクテル

いつもお世話になっているカネロク松本園さんの燻製紅茶をベースにしたカクテルが飲みたくて、余珀を再訪させて頂きました。

燻製紅茶カクテル

燻製紅茶とジムビームウィスキーのソーダ割りです。ヒノキの燻製紅茶をベースにしています。味に深みがあります。カクテルはロック、ストレート、トニック割り、ソーダ割りから選べます。

ジムビーム

ジムビームの水割りも試飲させて頂いたのですが、口当たりが良くて、飲み過ぎてしまいそうです。

奈良産和紅茶

アルコール度数40度のウィスキーなので、酔い覚ましに、農薬、化学肥料不使用の奈良産の和紅茶を頂きました。暖かい和紅茶のチェイサーです。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新

2020/11/16更新

小石川植物園

東京大学大学院理学系研究科付属植物園。別名小石川植物園。

小石川植物園 看板

小石川植物園には、アッサムの茶樹があります。

アッサム種の木1 アッサムチャ

2メートルを超えるアッサムの木。高温多湿の土地では、10メートルを超える大木になります。

アッサムの葉 アッサムの葉2

近くで葉を見ると、確かに大きいです。

手とアッサムの葉 アッサムの花の蕾

自分の手と比べてみました。10月の終わりの様子なので、花はまだ開いておらず、蕾でした。

チャノキ 茶の木

園内を歩いていたら、チャノキも見つけました。在来種の小ぶりの茶樹です。花が咲いています。

トウチャプレート トウチャの木

トウチャ(唐茶)も見つけました。コーロ茶とも呼ばれています。烏龍茶や紅茶向きの品種です。禅宗寺院の前庭に植えられている茶の木は、このトウチャだそうです。花はまだ咲いていませんでした。

トウチャとチャノキの比較

トウチャ(左)とチャノキ(右)の比較。葉の大きさの違いがよくわかります。

カテゴリー: ブログ — タグ: , , , 12:00 AM 更新

2020/11/02更新

ティーパーティのスマホケース

昨日11月1日は紅茶の日でした。紅茶と言えば、紅茶つながりで、アフタヌーンティーのスマホケースを見つけました。

ケイト・グリーナウェイ スマホケース

庭で、紅茶とドライフルーツの入った茶色のプラムケーキを囲む3人の女性。ヴィクトリア時代のイギリスの絵本作家であり挿絵画家、ケイト・グリーナウェイが描いた「ティーパーティ」のスマホケースです。

ケイト・グリーナウェイ スマホケース裏 ケイト・グリーナウェイ スマホケース表

手帳タイプなので、絵が途中で切れてしまうのが難点ですが、スマホケースでも紅茶を楽しめます。モリススタイルの黒い椅子、シノワズリの青い陶磁器、背景のひまわりが耽美主義を漂わせています。

ケイト・グリーナウェイ 本

以前、こちらのブログでもご紹介したケイト・グリーナウェイの本。

ケイト・グリーナウェイ ティーパーティー2

デザインの問題で、スマホケースには反転させて印刷されているようですが、同じ絵が掲載されています。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新
これよりも前の投稿を表示 »