いつもお茶の時間!

いつもお茶の時間!

2019/05/20更新

烏龍茶製造研修・春

昨秋に続き今春も、村松二六さんのところで烏龍茶製造研修をさせて頂きました。

丸子紅茶 水車

いずみの茶摘みからスタートです。

いずみアップ2019.5.16 茶摘みしたいずみ2019.5.16

摘んだ茶葉を計量後カレンに移し、日干萎凋します。生葉の量は約14kg。カレン7枚。カレンの数が多いのは、A氏が隣で別の烏龍茶を作っているから。下の写真2枚の右側のカレンが私たちのいずみです。紫外線が強いので、寒冷紗と扇風機を使用します。35度以上にならないよう、温度と湿度を気にかけつつ、15分から20分毎に茶葉を手で返し、カレンの位置を入れ替えます。

日乾萎凋中のいずみとA氏の茶葉 寒冷紗と扇風機

この日は2時間後に、室内萎凋に移行しました。

室内萎凋1 室内萎凋3

お茶の葉の様子を見ながら、1時間半毎に揺青(ようせい)します。回を重ねる度に、攪拌させる回数は増えます。上の左と右の写真を比べると、カレンの数が減っているのがわかります。

室内萎凋4アップ 温度と湿度の調節中の室内萎凋

5回の揺青後、今回は2時間ほど静置(せいち)し(上右の写真)、殺青(さっせい)しました。

室内萎凋後の茶葉

上は殺青前の茶葉。

水乾機 水乾機から茶葉を出す

210℃で約9分釜炒りし、茶葉をヌンカンに乗せます。

団揉です 団揉から茶葉をヌンカンへ 揉捻機

ヌンカンの上で殺青後の茶葉を袋に入れて縛ります。団揉(だんじゅう)です。15分後、袋から出した茶葉を機械で揉捻し、乾燥機へ入れます。初乾(しょかん)です。

乾燥機 2019.5.16 乾燥機から茶葉を出す 2019.5.16

70℃になったら、乾燥機(上左の写真)から茶葉を取り出します。上右は下から茶葉が出るところ。

焙煎乾燥機へ 2019.5.16 焙煎乾燥機2019.5.16

その後焙煎乾燥機へ茶葉を移し、6時間乾燥させます。

出来立ていずみの烏龍茶 2019.5.17 いずみ出来立て

翌朝、出来立てのいずみの烏龍茶を頂きました。荒茶を試飲した時から美味しかったので、とても良い仕上がりです。今回は中国茶のエキスパートに混じっての作業でしたので、より充実していました。

LAPALETTE 丸子紅茶のジェラード

研修の締めくくりは、用宗にあるジェラードバーLA PALETTEへ。丸子紅茶のジェラードが食べられます。美味しいです。人気商品なので、売り切れる前の午前中がオススメです。

今回も、二六さん、時枝さんに大変お世話になりました。ありがとうございました。

カテゴリー: ブログ — タグ: , , 12:00 AM 更新

2019/02/18更新

お茶料理講習会「お茶と春野菜を使った料理」

相模女子大学教授、大迫早苗先生による講習会「お茶と春野菜を使った料理」が、相模女子大学調理室にて開催されました。

相模女子大学看板 相模女子大学正門

メニューは飾り寿司、手まり寿司、田楽、菜の花の辛子和え、蛤のお吸い物、桜餅です。

ほうじ茶で炊いたすし飯、抹茶とほうじ茶入りの2種類の田楽の味噌だれ、抹茶入りの桜餅の生地。お茶を取り入れた春の料理です。

見本 飾り寿司

見本には構内に咲く梅の花が飾られていました。

見本全景 相模女子大学 梅花

大迫先生から指導を受けながら約2時間後、なんとか完成しました。

お茶と春野菜を使った料理

見た目も華やかで、お茶とコラボレーションした旬の味わいを堪能しました。

カテゴリー: ブログ — タグ: , , 12:00 AM 更新

2018/10/15更新

茶坊 糸屋

あきる野市にある黒茶屋

黒茶屋門

その広い敷地内にある茶房糸屋でお茶して来ました。

黒茶屋からの眺め

敷地からは渓流が臨めます。

黒茶屋の水車 黒茶屋の東屋

シンボルの水車や東屋が、都内にいることを忘れさせてくれます。

糸屋

糸屋は製紙工場の生糸倉庫であったことから、名付けられた店名です。入り口は暖かい光が漏れています。

糸屋店内壁掛け時計 糸屋店内ロッキングチェア 糸屋店内ススキ

店内は品のあるアンティークが、タイムスリップしたかのような雰囲気を醸し出しています。

冷やし白玉クリームぜんざい

オーダーした冷やし白玉クリームぜんざい(ほうじ茶付)で、心身ともに癒されました。ほうじ茶はおかわりができるので、嬉しさ倍増です。

カテゴリー: ブログ — タグ: , 12:00 AM 更新
これよりも前の投稿を表示 »